【裏技】相続した少額預貯金の解約を司法書士が解説!

今回のテーマ

動画を解説

少額預貯金の相続手続きを簡単にする方法を解説します。

この方法を使うためには3つの条件があります。

1つは額が少ないこと
2つ目は相続人館で揉めていないこと
3つ目は相続人の誰か一人がご自身で手続きをすることです。

額が少なければ相続手続きを専門家に頼むほどではないということで、ATMでこそっと下ろしてしまうということもあったりします。

ただATMで下ろす場合は1円単位では下ろせないのでどうしても端数が残ってしまったり、こっそり下すのでちょっとした後ろめたさがあったりするんじゃないかなと思います。

では実際にどうすれば良いのか。

金融機関に行って解約すればいいんです!

額が少ない相続手続きの場合、戸籍を全部提出する必要はありません。
一部だけでいいです!
一部っていうのは亡くなったという記載が分かる部分と相続手続きをする人が、相続人だっていうことがは証明できれば大丈夫です。

相続人全員の印鑑証明書もいらないですし、遺産分割協議書も提出する必要はありません。

息子がお父さんの相続手続きをする場は、お父さんが亡くなったという記載が載っている戸籍と自分が息子で相続人だ ということがわかる戸籍を持って金融機関に行けば相続手続きができるということになります。

大きく違うのが相続人同士でもめてないですって言うことを金融機関にきちんと伝える必要があるという点です。

金融機関によっては聞き取り調査に加えて、書類に相続人の間で揉めていないということを記載させ、相続人から異議が出た場合には相続人同士で解決をしますというところにチェックをさせたりして相続人で揉めていないということを確認していきます。

どれくらいの金額であればこの方法が使えるかというと金融機関によって様々な んですが、広島の場合主な金融機関は100万円以下であればこの方法で相続手続きを進めることが可能ということでした。

ただ金融機関によって取り扱いは違うのでご自身で手続きされる場合は、必ず事前に金融機関に確認をしてください。額が少ない預貯金の相続手続きであれば遺産分割協議書を提出する必要がないので作らなくても大丈夫です。

ただ相続財産の中に不動産がある場合は、名義を変更するときに法務局に遺産分割協議書を提出する必要があります。
その場合は、遺産分割協議書は作る必要があります。

今回の方法が一番活用できるのは相続財産の預貯金の額が少なくて相続財産の中に不動産がない場合は、すごく使いやすい方法です。

今日は額が少ない預貯金の相続手続きを簡単にする方法についてお話をしました!

司法書士梅澤の見解

相続した少額預貯金は、簡単な方法で解約できるかもしれません。今回の動画では100万円以下の預貯金の解約方法を解説しました。

この動画の監修者

“代表司法書士梅澤徹”

あいりん行政書士法人 梅澤 徹

資格:司法書士・行政書士・宅建取引士

横浜市内の相続専門司法書士事務所で修行したのち独立。不動産が絡む難しい相続手続きが得意。宅地建物取引士資格も保有し、不動産コンサルティングには定評あり。

現在はあいりん行政書士法人と司法書士事務所を経営。相続専門5期目として相続業務を幅広く対応。

tiktokfacebookinstagram

梅澤徹youtubeバナー 

梅澤徹tiktokバナー

関連動画

無料相談のご案内

横浜市の相続・遺言に関するご相談ならあいりん行政書士法人へ。

相続のご相談は完全無料です。【横浜駅徒歩4分】 横浜市内で財産・不動産の相続・相続放棄・終活にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

横浜での相続に精通したプロチームが、相続法務から税務にいたるまでお客様をフルサポートします。

【最低価格保証】
当公式サイトからのご予約が1番お得です!

無料相談

実績豊富な専門家が無料でお話を伺います WEBから問い合わせください
  • 土日祝日も対応
  • 通話・相談無料

WEBで無料相談を予約

専用の予約フォームから簡単に
無料相談をご予約できます
24時間以内にご返信

*当公式サイト経由でご依頼のお客様限定!クレジットカード決済をご利用いただけます。

代表司法書士梅澤

専門スタッフ
がお答えします