【司法書士解説】ワイドショーで超話題!市川猿之助さんの遺書をとは?Mさんに正しく相続できるのか?

今回のテーマ

動画を解説

ワイドショーで話題!歌舞伎役者の市川猿之助さん

市川さんはMさんという人に遺書なのか遺言なのかメモを残していました。

今日はそれについて解説します。

遺書は、残された家族や友達に想いとかを伝えるものですよね。
逆にいうと法律的な拘束力はないですよね。

遺言書は、遺産を誰にどのように承継させるかを書いたものですが、
これは法的な効力があるので、遺産をちゃんと相続できます。

でもそれって手紙のタイトルが遺書なのか遺言なのかで変わるものでは無くて、あくまでもその手紙の内容が遺言にあたるのか遺書にあたるのかで判断するわけです。

今回の猿之助さんのメモに遺書とあっても“自分が死んだらMに遺産をすべて相続させたい”と書いてあれば遺言として成立する可能性があったわけです。

司法書士梅澤の見解

歌舞伎役者の市川猿之助さんが書いたMさんへのメモ。遺書と遺言の違いを解説しました。
このメモで相続できるのか?動画で説明しています

この動画の監修者

あいりん行政書士法人 梅澤 徹

資格:司法書士・行政書士・宅建取引士

横浜市内の相続専門司法書士事務所で修行したのち独立。不動産が絡む難しい相続手続きが得意。宅地建物取引士資格も保有し、不動産コンサルティングには定評あり。

現在はあいりん行政書士法人と司法書士事務所を経営。相続専門5期目として相続業務を幅広く対応。

tiktokfacebookinstagram

梅澤徹youtubeバナー 

梅澤徹tiktokバナー

関連動画

無料相談のご案内

横浜市の相続・遺言に関するご相談ならあいりん行政書士法人へ。

相続のご相談は完全無料です。【横浜駅徒歩4分】 横浜市内で財産・不動産の相続・相続放棄・終活にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

横浜での相続に精通したプロチームが、相続法務から税務にいたるまでお客様をフルサポートします。

【最低価格保証】
当公式サイトからのご予約が1番お得です!

無料相談

実績豊富な専門家が無料でお話を伺います WEBから問い合わせください
  • 土日祝日も対応
  • 通話・相談無料

WEBで無料相談を予約

専用の予約フォームから簡単に
無料相談をご予約できます
24時間以内にご返信

*当公式サイト経由でご依頼のお客様限定!クレジットカード決済をご利用いただけます。

代表司法書士梅澤

専門スタッフ
がお答えします