【司法書士解説】45歳になったら親の相続を考えなければいけない理由3選

今回のテーマ

動画を解説

45歳になったら親の相続のことを絶対に考えてください!

自分には関係ないと思っていませんか?

現役の司法書士の僕が思う、相続のことを考えるべき理由は3つ!

・判断能力が低下していく
・相続対策は生前にしかできない
・65歳以上の認知症の増加している

この中でも特に、認知症の増加です。
6人に一人は認知症と発表されています。

認知症に効果があるといわれてる薬はありますが、今の時代はまだまだ法律で対策するのが大事です。

代表的なのは、任意後見と家族信託ですが、まずおすすめなのは任意後見です!

司法書士梅澤の見解

親御さんが高齢になり認知症になってからでは財産管理ができません。事前に何をすべきか解説しました。

この動画の監修者

代表司法書士梅澤徹

あいりん行政書士法人 梅澤 徹

資格:司法書士・行政書士・宅建取引士

横浜市内の相続専門司法書士事務所で修行したのち独立。不動産が絡む難しい相続手続きが得意。宅地建物取引士資格も保有し、不動産コンサルティングには定評あり。

現在はあいりん行政書士法人と司法書士事務所を経営。相続専門5期目として相続業務を幅広く対応。

tiktokfacebookinstagram

梅澤徹youtubeバナー 

梅澤徹tiktokバナー

関連動画

無料相談のご案内

横浜市の相続・遺言に関するご相談ならあいりん行政書士法人へ。

相続のご相談は完全無料です。【横浜駅徒歩4分】 横浜市内で財産・不動産の相続・相続放棄・終活にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

横浜での相続に精通したプロチームが、相続法務から税務にいたるまでお客様をフルサポートします。

【最低価格保証】
当公式サイトからのご予約が1番お得です!

無料相談

実績豊富な専門家が無料でお話を伺います WEBから問い合わせください
  • 土日祝日も対応
  • 通話・相談無料

WEBで無料相談を予約

専用の予約フォームから簡単に
無料相談をご予約できます
24時間以内にご返信

*当公式サイト経由でご依頼のお客様限定!クレジットカード決済をご利用いただけます。

代表司法書士梅澤

専門スタッフ
がお答えします