横須賀市のライフエンディング事業。自分の弔い方は自分で選ぶ時代

今回のテーマ

動画を解説

引き取り手がない…
市役所に大量の骨箱行政が取り組む終活で一番有名なのが神奈川県横須賀市!

横須賀市では引き取り手がない遺骨が棚にならんでるというニュースが報道されました。
約2年間はこの場所で安置されるが、その間に引き取り手が見つからなければ、市内の別の納骨堂に移される。

頼れる身寄りがいない高齢者を対象にした終活サービス「エンディングプラン・サポート事業」。

生前に26万円の預託金を市に支払うことで、本人の希望通りに弔ってもらえます。
未婚率の増加などから、今後確実に増えるとみられている身寄りのない高齢者。
自分の葬儀やお墓の準備は、生前に自分でする時代が来ているのかもしれません。

司法書士梅澤の見解

高齢おひとり様が増える現在で、自分のともらう方は自分で決める時代きています。
おひとり様サポートで、先駆けの神奈川県横須賀市の取り組みを動画にしました。動画内では26万円の預託金を横須賀市役所に預けることでおひとり様が亡くなった後に、どういう葬儀をしたいか、どういう納骨をしたいか自由に決めることができるライフエンディングサポート事業を紹介しています。

【最低価格保証】
当公式サイトからのご予約が1番お得です!

無料相談

実績豊富な専門家が無料でお話を伺います WEBから問い合わせください
  • 土日祝日も対応
  • 通話・相談無料

WEBで無料相談を予約

専用の予約フォームから簡単に
無料相談をご予約できます
24時間以内にご返信

*当公式サイト経由でご依頼のお客様限定!クレジットカード決済をご利用いただけます。

代表司法書士梅澤

専門スタッフ
がお答えします