相続土地国庫帰属制度!それでも手放せない土地5選!

今回のテーマ

動画を解説

令和5年4月27日に相続土地国庫帰属制度がはじまります。
相続で土地を取得した相続人が要件クリアすることで要らない土地を手放せる制度なんですが、今日は「この土地いらないから引き取って」の申請が国から却下される事由を5つ紹介!

一つ目

建物がある土地

二つ目

担保権や使用収益権が
設定されている土地

三つ目

通路など他人の利用が
予定されている土地

四つ目

土壌汚染されている土地

五つ目

境界が明らかでない土地とか所有権に争いがある土地

あなたが相続した土地は

当てはまりますか?

司法書士梅澤の見解

国民全員が注目する、相続したいらない不動産の処分方法について動画にしました。全ての不動産を国に引き取ってもらえるわけではありません。この動画では引き取ってもらえない不動産の特徴を5つピックアップしてます。

【最低価格保証】
当公式サイトからのご予約が1番お得です!

無料相談

実績豊富な専門家が無料でお話を伺います WEBから問い合わせください
  • 土日祝日も対応
  • 通話・相談無料

WEBで無料相談を予約

専用の予約フォームから簡単に
無料相談をご予約できます
24時間以内にご返信

*当公式サイト経由でご依頼のお客様限定!クレジットカード決済をご利用いただけます。

代表司法書士梅澤

専門スタッフ
がお答えします