生前贈与代行サービス

045‒299‒0620

営業時間 9:00~21:00(年中無休)

お問い合わせはこちら

生前贈与代行サービス

贈与と売買の違い

あなたの所有する不動産を他人に譲り渡す方法は二つあり、それが「譲渡」と「贈与」です。
「贈与」は文字通り他人に無償で不動産を譲り、不動産をもらう側が贈与を受ける意思表示で成立する法律行為です。一方で、「譲渡」はいわゆる「売買」という意味合いでつかわれることが多いです。不動産を100万円で売りますよという契約であり、売買契約を交わすことで譲渡されるものになります。


相続税対策で贈与する場合、そもそも不動産に価値があるということでしょう。その場合、贈与をしてしまうとびっくりするような高額な税金(贈与税)の納税を強制されることになります。この点、毎年毎年110万円(いわゆる基礎控除内)の持分を贈与する案もありますが、デメリットが目立つことが多いです。


費用や時間がかかりすぎると本末転倒になりかねません。一方で仮に持分の割合が少ない時は贈与が役に立つかもしれません。なぜなら、少ない持分の移転の場合には贈与税が発生しないケースがあるからです。親子間で売買をする方法もありまして、適正価格での売買であれば贈与税は当然かかりませんので活用するメリットもあります。


贈与契約書

贈与契約は「贈与します。」「贈与を受けます。」という口頭契約で成立します。しかし、次のことから贈与契約を書面化する意義があります。


  • □トラブル回避のため合意内容を書面化しておく

  • □民法上、書面化すると贈与契約の一方的な撤回ができなくなる。

  • □暦年贈与を贈与契約書でもって税務署に証明できる


以上の通り、贈与契約書を残しておくと後日トラブルが起こることを防げ、また、言った言わないという後日のトラブルに備えることができる効果があります。


当事務所に贈与をお任するメリット

当事務所は贈与のお手伝いを数々させて頂いています。その中で次のようなメリットをお客様にご提供できます。


  • □相続税対策に特化した税理士と提携しています。

  • □事前の打ち合わせから契約書作成、最後の登記申請まで丸ごとお任せいただけます。

  • □贈与だけでは無く、相続、遺言、後見手続きを含めたご案内ができます。

夫婦間贈与と贈与税の配偶者控除

贈与をする際に気になるのが税金の問題です。贈与に関わる税控除があるのをご存知でしょうか。
その一つに配偶者控除があります。配偶者控除は夫婦が20年以上婚姻関係にあるなかで贈与がされた場合、税金が控除されるというものです。


配偶者控除は①婚姻期間が20年以上であり、②国内の不動産の取得費用が対象で、③一定期間、贈与物件に居住し、④初めての適用であることが要件になります。要件が当てはまるか否かは国税庁のチェックシートをダウンロードして確認するといいと思います。


贈与にかかる税金のご紹介

贈与税

贈与を受けたときに課税されるのが贈与税です。あくまでも個人から贈与を受けた場合に課税されるものであり、法人から贈与を受けた場合には贈与税はかかりません。
また、贈与を受けた人が贈与税を申告する義務があります。課税方式は暦年課税と相続時精算課税があり、暦年課税は1年間に贈与を受けた合計から基礎控除額110万円を差し引いた残りの額に課税される方式です。


贈与を受けた財産の合計額が110万円より少ない財産額であれば贈与税はかかりませんし、申告も不要です。相続時精算課税は親や祖父母が60歳以上であり、子や孫が20歳以上の時に、贈与する場合に相続時精算課税を活用できます。相続時精算課税を活用すると贈与された合計額のうち2500万円まで控除されます。


不動産取得税

不動産取得税は不動産を取得した時にかかる税金です。土地、やマンションなどを購入した時や、建物を新築した時にかかる税金です。有償無償に関わらず不動産を取得した人に課税される税金です。不動産取得税は不動産を取得した日から30日以内に申告をする必要があります。


譲渡所得税

不動産の譲渡所得税とは、不動産を譲渡することで得る所得にかかる税金です。一定の要件に当てはまれば特別に控除される制度もあります。


料金のご案内

     
所有権移転 登録免許税 評価額×1000分の2(2%)  40,000円~

必要書類のご案内

一般的には贈与を受けた方は贈与契約書、住民票、身分証明書、ご印鑑を、贈与をした方は贈与契約書、登記済権利証及び登記識別情報通知、印鑑証明書、固定資産税評価証明書、身分証明書、ご実印をご用意いただきます。


045‒299‒0620

営業時間 9:00~21:00(年中無休)

お問い合わせ 電話
横浜市鶴見区の相続なら鶴見相続遺言相談センターにお任せください

横浜市鶴見区鶴見中央二丁目5番3号
Access:鶴見駅より徒歩3分